メタリカ 使用上の注意

   
http://skill.co.jp/images/title_tyui_big.gif
下記の安全確保に関する重要事項を必ずお読みになり、よく理解した上でご使用ください。またこの重要事項書はお読みになったあとでもいつでも見られる所に必ず保管して下さい。

http://skill.co.jp/images/title_keikoku.gif
  • ブレーキバッドの加工、適応車種以外への装着は絶対にしないでください
  • 走行後のブレーキキャリパー、パッド、ローターは高温のため非常に危険です。
  • ブレーキパッドの摩材の残量が2.0mm以下になった時点で必ず新品と交換してください。2.0mm以下の摩材残量でのご使用は、ディスクローター及びキャリパーに損傷を与える可能性があります。
  • ディスクローターも消耗品です。通常の摩耗の他、段付きなどの偏摩耗、歪みがある場合は必ず新しいディスクローターに交換してください。
  • ブレーキバッドの交換後、ブレーキフィーリングが変化します。慣れるまで慣熟走行をして下さい。
 
http://skill.co.jp/images/title_tyui.gif
  • 車種によりパッドスプリング等を外さなければならない場合があります。
  • 車種によりキャリパーとパッドのクリアランスが取れない場合は使用しないで下さい。
  • 車種により面取りを必要とするものがあります。
    当社では,より高性能で安全な商品をお届けするために,常に研究.開発.改良をおこなっております。
    そのため予告無く仕様変更等を行う場合がありますので予めご了承下さい。
  • ブレーキパッドの交換作業は、資格のある販売店で行って下さい。
  • ブレーキフルード交換はブレーキパッドの交換と同時に行ってください。
    古いフルードや汚れたフルードでの使用はペーパーロック現象の原因となり大変危険です。
  • ブレーキキャリパーのピストンを押し戻す際、ブレーキマスタータンクからフルードが溢れることがありますのでご注意ください。万一フルードが漏れた場合、塗装面等に付着すると塗装の剥離や劣化を起こしますので、すぐに水で洗い流してください。
  • 毎走行前に必ずレバーを数回握りレバーのタッチを確認し、各部に異常がないか点検、確認してからゆっくりと走行してください。
  • 本製品は日本国内でのみご使用下さい。 For Japanese standard only.
 
以上の事項を怠たった場合、また取り付け後の破損事故やそれに伴う身体障害の発生等の責任は一切負いかねます。
*上記文章は製品に同梱されている注意書を抜粋したものです。

ページトップへ

メタリカはオートスタジオ・スキルの登録商標です。